[屋根塗装]記事一覧

大阪府田尻町で住友林業(住林)住宅外壁塗装(サイディングボード)カラーベスト屋根塗り替え

 

住友林業外壁塗装

大阪府田尻町で外壁塗装・カラーベスト塗装の施工例

 

築14年の住友林業(住林)の外壁窯業サイディングボード屋根カラーベストの塗り替え現場に入っています。

築14年ということもあり、外壁はすでにチョーキング現象で触ると手に塗料の粉がべったりとつきます。






 

チョーキング


チョーキング現象とは、風、雨や太陽光の紫外線などで、塗装の塗膜が劣化していきしだいに粉状になり手などで触ると、手にべったりと粉が付く状態。

このような状態になると外壁塗装のひとつの目安とお考えください。




 

住友林業(住林)カラーベスト屋根



カラーベスト屋根画像です。

屋根は築14年にしては、それほど痛んでいませんがところどころコケなども見受けられます。






 

外壁足場組


初日は足場を組みました。

安全に塗装作業が出来るように、組んでいきます。







 

外壁高圧洗浄


2日目はサイディング外壁とカラーベスト屋根の高圧洗浄です。

きっちりと外壁についた汚れや、先ほどの劣化した塗料の粉などを洗い流します。






 

カラーベスト屋根高圧洗浄


高圧洗浄でカラーベスト表面のコケやホコリを洗いながします。

また、洗浄後は十分な乾燥時間を置いて塗装に入ります。






 

養生

 

サッシや玄関廻りなど、塗料が付かないように養生をしています。










ケレン
2人が外壁の養生に回っているあいだ、一人はカラーベスト屋根の作業に入っています。

カラーベスト屋根は棟やケラバなどは、金属の板金なので、この後塗装する錆止め塗料がよく密着するように、ケレンします。







錆止め塗装
カラーベスト屋根の板金部分の錆止め塗装です。

錆止めの塗料には日本ペイントの1液ハイポンファインデグロを仕様しました。









シーラー塗装
上塗り塗料の密着をよくするためにシーラーを塗装しました。

カラーベストの劣化が著しい部分は吸い込みが激しく、表面にシーラーが残りません。

このような部分は濡れ感が出るまで、もう一度シーラーを塗装します。





カラーベスト屋根シーラー塗装
カラーベスト屋根1度目のシーラー塗装の写真です。

シーラーには日本ペイントのシリコンベスト強化シーラーを使用しました。








カラーベスト屋根シーラー塗装
2度目のカラーベスト屋根のシーラー塗装です。

全体に濡れ感が出ているのが分かると思います。









カラーベスト屋根シーラー塗装

2度目のカラーベスト屋根シーラー塗装です。

シーラーには密着性をよくするだけでなく、下地に吸い込ませることにより、下地を強固にする役割もあります。







サイディング下塗り塗装
養生終了後外壁塗装にはいります。

外壁サイディングボードの下塗り中の写真です。

サイディングボードの場合当店では通常吹き付けで塗装します。







外壁サイディングボード中塗り・上塗り

外壁サイディングボード中塗り・上塗りの写真です。

外壁の塗料には日本ペイントのデュフロン4FⅡ中塗り・デュフロン4FⅡフレッシュを仕様。







デュフロン4FⅡ

日本ペイントのデュフロン4FⅡは耐紫外線や各物性に優れた性能を発揮し超高層ビルの施設工事や改修工事に多くの実績がある塗料です。









カラーベスト屋根タスペーサー施工
カラーベストシーラー塗装後にはセイム社のタスペーサーを装着

確実に縁切りが出来、塗装後の雨漏り防止にはいまや欠かせない工程のひとつになっています。

タスペーサーはカラーベスト1枚に付き2ケ使用します。

タスペーサーについてはこちらを御覧下さい



カラーベスト中塗り・上塗り塗装
カラーベスト屋根中塗り・上塗り中の写真です。

中塗り・上塗りには、日本ペイントのファインシリコンベストを仕様しました。

ファインシリコンベストはカラーベスト塗り替え専用塗料です。






カラーベスト塗装完成
カラーベスト屋根塗装塗り替え完成写真です。












カラーベスト塗装完成

カラーベスト屋根塗装塗り替え完成写真です。











ダメ廻り

外壁吹きつけ塗装後にタレた部分などをキレイに掃除してまわります。










ダメ廻り
先ほどのタレた部分を削った跡やダメ廻りを塗装していきます。











鉄部・雨樋・雨戸塗装

外壁塗装後には、雨樋・鉄部・雨戸などを塗装します。

塗料は日本ペイントの1液ファインウレタンU100を仕様。







外壁サイディング塗装塗り替え完成

住友林業外壁サイディング塗装塗り替え完成写真です。











 
 

カラーベスト屋根塗装施工例 奈良・平群町

P1180232.JPG


奈良県平群町のカラーベスト屋根です。

1月18日の着工日当日の画像です。

右側が東側で、左側が西向きです。

前日からかなり冷え込んでたこともあり、東向き

はすでに、朝日の光で溶けていましたが、西側

は、霜が降りてガチガチに凍っていました。


P1180234.JPG
カラーベスト屋根西側写真です。

冬場、このように昼と夜との急激な温度変化に

より屋根に露が出来、それが凍って屋根を傷め

ます。






P1180240.JPG
カラーベスト屋根アップ画像です。

カラーベスト屋根の防水性能が落ちている場合

カラーベスト内部にしみ込んだ雨露が凍ってしま

うと、内部で膨張してカラーベストを破損する

恐れもあります。




P1180260.JPG
築12年のカラーベスト屋根の現状です。

写真で見るかぎり、それほど痛んでいるようには

見えませんが、高圧洗浄後表面塗膜がほとんど

なくなりました。






P1180264.JPG
高圧洗浄中です。












P1190273.JPG

高圧洗浄後です。

白く見える部分はカラーベストの基材がむき出し

になっています。

今まで黒く見えていた部分も実は、防水塗膜の

劣化で、防水の役目を果たしていませんでした。



P1200316.JPG
このように著しく劣化したカラーベスト屋根塗装

の場合最も大事な事は、下地の吸い込みを止め

る事です。

下地の吸い込みを止めるとはどういうことかと言う

と、写真左が1度目のシーラーを塗装したあとで

す。


右側が高圧洗浄後のままのじょうたいです。

左側のシーラーを塗装した後は、黒く濡れた様な跡と、白く乾いた様な跡がありますが、この乾いた

ような跡は、実はシーラーがカラーベスト素地に吸い込まれて、表面にシーラーが出ていません。

シーラー塗装の目的は当然素地(カラーベスト)に上塗り塗料がよく密着させるためです。

このように著しくカラーベストが劣化している場合、1度のシーラー塗装では、素地(カラーベスト)に

シーラーが吸いこまれ、この上に上塗り塗料を塗装した場合上塗り塗料の付着性はかなり悪くなりま

す。

また、シーラー塗装のもう1つの役割は、実は素地(カラーベスト)に吸い込ませることにより、内部で

固まり、素地を強固なものにする役割もあります。

P1190273.JPG
一度目のシーラー塗装後です。

今回、シーラーには日本ペイントのシリコンベスト

強化シーラーを使用しました。

このファインシリコンベスト強化シーラーは、反応

硬化形エポキシ樹脂を主体とし、下地に対して

浸透性が優れ、劣化が著しいカラーベストに


最適なシーラーです。

P1200342.JPG
右側がシーラー1度塗装です。

左側が1度では吸い込みが激しいため、シーラー

を2度塗装したところです。

左側は白い部分が無くなり、全体が濡れた様な

感じになっているのがわかるとおもいますが、劣

化の著しい部分もシーラーをたっぷり吸い込み


下地を強固にし、表面のシーラーに上塗り塗料がガッチリと密着します。

もし、右側の状態で上塗り塗料を塗布すると、上塗り塗料の密着性が落ちるだけでなく、上塗り塗料

も当然カラーベストに吸い込まれてしまうため、表面に残る塗膜が少なくなるため、どんなに性能の

いい塗料を塗装しても、その性能を十分に発揮出来ません。

P1220393.JPG
シーラー2度塗り後の画像です。

屋根は外壁に比べ、冬場は凍てつくような状態

になり、夏場は素手で触ると火傷するぐらい高温

になるぐらい、大変過酷な場所です。






P1220380.JPG
シーラー塗装後は、縁切りの為タスペーサーを装

着します。

カラーベストの縁切りとは、もともと縦のつなぎ目

から入った雨水が、横の重なり部分から排水され

る構造の屋根を塗装することにより、本来排水さ

れる横の溝に塗料が詰まるため、内部に入った


雨水が逃げ場を失って雨漏れの原因になる事があります。

カラーベスト屋根縁切り・タスペーサーについて詳しくはこちらを御覧下さい。

P1220383.JPG

タスペーサー装着後の画像です。

中央に見えているのがタスペーサーです。

タスペーサーを装着することにより、横の重なりに

隙間が出来、ここから内部に入った雨水が排水さ

らます。



P1200356.JPG
カラーベスト屋根中塗りです。

中塗り・上塗りには日本ペイントのファインシリコ

ンベストを塗装します。

ファインシリコンベストは、カラーベスト屋根塗り替

え専用塗料です。




P1220421.JPG
カラーベスト屋根上塗りです。

中塗りと上塗りの色を変えることにより、塗りもれ

が無いようにします。








P1230457.JPG
カラーベスト屋根塗装後です。













ペイント一番ホームページ

ペイント一番

カラーベスト塗装 東大阪

PB041939.JPG

築10年のカラーベスト屋根です。
カラーベスト屋根塗装で最も注意しなければ
いけないことは、早期の塗膜剥離です。

また、カラーベストについたコケ、ホコリなどを、
高圧洗浄でよく洗いながします。







PB041943.JPG
高圧洗浄でカラーベストのコケやホコリを
洗い流しています。

洗浄後は、十分な乾燥時間をおいて塗装に
はいります。







PB041981.JPG

塗装前に、棟板金の錆をおとします。










PB052020.JPG

シーラー塗装をしているところです。

シーラーには、上塗り塗料をよく密着させる機能と
下地材に浸透させ、強化する機能もあります。







PB041973.JPG
これは、一度シーラーを塗り終えたところです。

濡れた感じのところと、乾いた所がよくわかると思いますが、素地(カラーベスト)の状態が悪いと、
このようにシーラーが素地に吸い込んでしまいます。

表面に濡れ感が現れているところはいいのですが
乾いた所は上塗り塗料の密着性もよくないので、
こういうときは、もう一度シーラーを塗布します。


PB052019.JPG
2度目のシーラー塗装です。

シーラーを2度塗装することで、吸い込みを完全に止め、上塗り塗料の密着をよくします。








PB062053.JPG

シーラー塗装後は中塗り・上塗りと2度塗りでしあげます。

今回は日本ペイントの「ファインシリコンベスト」を
塗装しました。

ファインシリコンベストはカラーベスト専用塗料です。




PB062060.JPG

塗装後です。











外壁塗装 大阪
 
 
  • 1