[カラーベスト屋根塗装]記事一覧

京都府八幡市でガイナ塗装(断熱・遮熱塗料をカラーベスト屋根塗り替え)

ガイナ


宇宙の技術を暮らしの中へ

高性能断熱塗材によって、H-Ⅱロケットを、守った宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術を私たちの暮らしの中で活用可能にしたのがガイナ。機能性環境改善塗材であるガイナは、従来の常識を覆し、断熱性の高い特殊セラミックを塗料化することに成功。住まいに塗るだけで、断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮する。

詳しくはこちらをご覧ください→ガイナ



[写真提供]
独立行政法人宇宙航空研究開発機構





ガイナ
ガイナ断熱・遮熱塗料(カラーベスト屋根塗装施工例)

築15年のカラーベスト屋根に断熱・遮熱塗料のガイナ塗装施工例です。

経年変化によりスレート基材が白くむき出しになっています。

ほぼ、防水効果が期待出来ないような状態です。


ガイナ
 
カラーベスト屋根洗浄です。

通常、カラーベスト屋根の洗浄は足場を立て、高圧洗浄機で洗浄しますが、今回は足場を立てずに手作業で洗浄しました。







ガイナ

普段は気づきにくいですが、高圧洗浄機で洗浄すると、この泥水が廻りに飛び散っていると思うと、足場を組んで洗浄出来ない時は、手間で重労働でも、手作業で洗浄しないと、ご近所に迷惑をおかけすることになります。







ガイナ
洗浄後のカラーベスト屋根です。

築15年のカラーベスト屋根ということもあり、洗浄後はスレート基材がほぼむき出しのじょうたいです。

最終的にガイナ(GAINA)を塗装するのですが、いくら上塗り塗装にいい塗料を仕様しても、ここまで傷んでいると、下地処理をしっかりとしていないと、ガイナ(GAINA)の性能も十分に発揮出来ません。

手間のかかる作業ですが、下地処理からしっかりと塗装していきます。

ガイナ
カラーベスト屋根板金ケレン

カラーベスト屋根は棟やケラバなどの仕舞いは全て、金属の板金で処理しています。

錆びを落とすとともに、表面に細かい傷をつけてこれから塗装する錆び止め塗料がよく密着するようにします。





ガイナ
カラーベスト屋根錆び止め塗装

板金部分に錆び止め塗装をしています。

錆び止め塗料にはエポキシ樹脂塗料の日本ペイント「1液ハイポンファインデグロ」を仕様







ガイナ
 
カラーベスト屋根シーラー塗装

日本ペイント「シリコンベスト強化シーラー」を塗装しています。

今回ローラーを使用してシーラーを塗装していますが、カラーベスト自体が著しく劣化しているため、シーラーの吸い込みが激しく、1回の塗装では収まりませんでした。



ガイナ
カラーベスト屋根シーラー塗装後の全体写真です。

ローラーを使用してたっぷりとシーラーを塗装しましたが白い部分がかなり残っています。

この白い部分はシーラーが素地(カラーベスト)に吸い込まれているので、この上に上塗り塗料(ガイナ)を塗装しても、密着不良などのトラブルにつながる場合もあります。



ガイナ
カラーベスト屋根2回目のシーラー塗装後の全体写真です。

上の写真と比べると全体にシーラーの濡れ感が出ているのがわかるとおもいます。


シーラーには、素地(カラーベスト)に吸い込ませることにより中で固め、素地(カラーベスト)を強化する機能もあります。

白い部分は錆び止め塗装です。


ガイナ
カラーベスト縁切り部材タスペーサー

ガイナ(GAINA)を塗装する前にタスペーサーを装着します。

カラーベスト1枚につき2ケのタスペーサーを使用するW後方で装着します。

タスペーサーを仕様することで確実に縁切りができ、雨もり対策には欠かせない工程になっています。

詳しくはこちらをご覧ください。→タスペーサー

ガイナ
ガイナ塗装

今回上塗りに断熱・遮熱塗料のガイナ(GAINA)を塗装しますが、通常のシリコン樹脂塗料などを塗装する場合などと同じ工程で塗装します。

ただ、ガイナ塗装で注意することは、断熱機能に特化した種類のセラミックビーズがされていますが、そのセラミックビーズが上部に浮いてこないように、写真のように撹拌機で必ず3分~5分以上よく撹拌してから塗装します。


ガイナ

ガイナ塗装1度目

ガイナは、遮熱仕様で0.20kg/㎡×2回(35㎡/缶計算)で塗装します。

まず、シーラーと同じように、水切り板金部分のキワなどはローラーが入らないので刷毛を使って塗装します。




ガイナ

一度目のガイナ塗装している写真です。

カラーベスト屋根にガイナをたっぷりとつけてローラーで塗装しています。

今回は施主様の希望で最も遮熱効果の高い白で塗装しています。





ガイナ
一度目のガイナ塗装後の全体写真です。

今回は白色で塗装しているので、どうしても下地のカラーベストの黒い部分が透けて見える状態ですが、この後ガイナをあと2回塗装します。








ガイナ
カラーベスト屋根にガイナを2度目の塗装後の写真です。

2度目も1度目とおなっじ様に、板金部分のキワなどは、ローラーが入らないので、刷毛を仕様します。







ガイナ

2度目のガイナ塗装後の全体写真です。

かなり白く見えますが、まだ透ける部分があるので、もう一度ガイナを塗装します。








ガイナ
3度目のガイナ塗装中の写真です。

約70㎡の屋根に2缶ガイナを仕様しました。










ガイナ
ガイナ(GAINA)塗装完成写真です。

ガイナ3度塗りでようやく完成です。

施主様曰く、実はガイナ施工中に屋根裏に入ったのですが、大変涼しくなっているので本当に驚かれたとのことです。






ガイナ
ガイナ(GAINA)塗装完成写真

ガイナ下屋根塗装完成










ガイナ
お客様の声
  • 3社に見積もりを取りましたが、その中で1番説明がわかりやすく、内容、価格共に納得できたため。
  • 高圧洗浄するとの事だったが、ペイント一番さんは手洗いだったので、水しぶきがとびにくく、近所に迷惑がかからなかった。
  • 作業に入る前に作業の説明があればよかった。
  • 丁寧に塗装されていた事。
  • ガイナ塗装後、2階・屋根裏が涼しくなったと感じた。
  • 塗料が余ったので当初2度塗りの予定を最後まで使い切って3度塗りまでしてくれた事が良かった。
  • ペイントの色を白色にしたので屋根が良く目立っていい!!

大阪府豊能郡豊能町パナホーム外壁・カラーベスト屋根塗り替え塗装

パナホーム塗装

大阪府豊能郡豊能町で
築20年2階建てのパナホーム住宅の2回目の塗り替え塗装です。

前回塗装から10年経過しています。

外壁はすでにチョーキング現象が出ていたり、特に屋根についている、換気口代わりの煙突の外壁が、崩れかかっていました。





パナホーム煙突

屋根裏換気用の煙突です。

前回塗装時にこの部分だけ塗装していなかったらしく、一部崩れかかっていました。












パナホーム煙突


上記写真左側部分のアップ画像です。

煙突部分の外壁表面がはがれ、苔がはえています。

今回は、この上から塗装出来ないので、煙突部分の外壁を張り替えることにしました。

ただ、周りの同じパナホーム住宅を見ると、この上から塗装している家もありました。


パナホーム

裏のパナホーム住宅の屋根です。

1年前に塗装したそうですが、煙突部分の塗膜がすでにはがれています。











パナホーム
パナホーム住宅屋根の煙突部分の外壁をすべて撤去しました。

少し水が廻っている所もありましたが、コンパネ自体が腐っていないので、このまま施工していきました。










パナホーム

 
外壁の防水紙です。















パナホーム


新しく窯業サイディングボードを施工しました。














パナホーム外壁塗装

パナホーム外壁塗装です。

外壁には水性シリコン樹脂塗料で仕上げています。













パナホーム外壁塗装

雨戸・雨樋・鉄部などもきれいに塗り替えました。

















パナホームカラーベスト屋根塗装です。

屋根は板金部分に錆び止め、シーラー、タスペーサー使用後、溶剤のシリコン樹脂塗料で仕上げました。









パナホーム外壁塗装

パナホーム住宅外壁・カラーベスト屋根塗装完成です。
















パナホーム外壁塗装

パナホーム住宅外壁・カラーベスト屋根塗り替え塗装かんせいです。
 

大阪府田尻町で住友林業(住林)住宅外壁塗装(サイディングボード)カラーベスト屋根塗り替え

 

住友林業外壁塗装

大阪府田尻町で外壁塗装・カラーベスト塗装の施工例

 

築14年の住友林業(住林)の外壁窯業サイディングボード屋根カラーベストの塗り替え現場に入っています。

築14年ということもあり、外壁はすでにチョーキング現象で触ると手に塗料の粉がべったりとつきます。






 

チョーキング


チョーキング現象とは、風、雨や太陽光の紫外線などで、塗装の塗膜が劣化していきしだいに粉状になり手などで触ると、手にべったりと粉が付く状態。

このような状態になると外壁塗装のひとつの目安とお考えください。




 

住友林業(住林)カラーベスト屋根



カラーベスト屋根画像です。

屋根は築14年にしては、それほど痛んでいませんがところどころコケなども見受けられます。






 

外壁足場組


初日は足場を組みました。

安全に塗装作業が出来るように、組んでいきます。







 

外壁高圧洗浄


2日目はサイディング外壁とカラーベスト屋根の高圧洗浄です。

きっちりと外壁についた汚れや、先ほどの劣化した塗料の粉などを洗い流します。






 

カラーベスト屋根高圧洗浄


高圧洗浄でカラーベスト表面のコケやホコリを洗いながします。

また、洗浄後は十分な乾燥時間を置いて塗装に入ります。






 

養生

 

サッシや玄関廻りなど、塗料が付かないように養生をしています。










ケレン
2人が外壁の養生に回っているあいだ、一人はカラーベスト屋根の作業に入っています。

カラーベスト屋根は棟やケラバなどは、金属の板金なので、この後塗装する錆止め塗料がよく密着するように、ケレンします。







錆止め塗装
カラーベスト屋根の板金部分の錆止め塗装です。

錆止めの塗料には日本ペイントの1液ハイポンファインデグロを仕様しました。









シーラー塗装
上塗り塗料の密着をよくするためにシーラーを塗装しました。

カラーベストの劣化が著しい部分は吸い込みが激しく、表面にシーラーが残りません。

このような部分は濡れ感が出るまで、もう一度シーラーを塗装します。





カラーベスト屋根シーラー塗装
カラーベスト屋根1度目のシーラー塗装の写真です。

シーラーには日本ペイントのシリコンベスト強化シーラーを使用しました。








カラーベスト屋根シーラー塗装
2度目のカラーベスト屋根のシーラー塗装です。

全体に濡れ感が出ているのが分かると思います。









カラーベスト屋根シーラー塗装

2度目のカラーベスト屋根シーラー塗装です。

シーラーには密着性をよくするだけでなく、下地に吸い込ませることにより、下地を強固にする役割もあります。







サイディング下塗り塗装
養生終了後外壁塗装にはいります。

外壁サイディングボードの下塗り中の写真です。

サイディングボードの場合当店では通常吹き付けで塗装します。







外壁サイディングボード中塗り・上塗り

外壁サイディングボード中塗り・上塗りの写真です。

外壁の塗料には日本ペイントのデュフロン4FⅡ中塗り・デュフロン4FⅡフレッシュを仕様。







デュフロン4FⅡ

日本ペイントのデュフロン4FⅡは耐紫外線や各物性に優れた性能を発揮し超高層ビルの施設工事や改修工事に多くの実績がある塗料です。









カラーベスト屋根タスペーサー施工
カラーベストシーラー塗装後にはセイム社のタスペーサーを装着

確実に縁切りが出来、塗装後の雨漏り防止にはいまや欠かせない工程のひとつになっています。

タスペーサーはカラーベスト1枚に付き2ケ使用します。

タスペーサーについてはこちらを御覧下さい



カラーベスト中塗り・上塗り塗装
カラーベスト屋根中塗り・上塗り中の写真です。

中塗り・上塗りには、日本ペイントのファインシリコンベストを仕様しました。

ファインシリコンベストはカラーベスト塗り替え専用塗料です。






カラーベスト塗装完成
カラーベスト屋根塗装塗り替え完成写真です。












カラーベスト塗装完成

カラーベスト屋根塗装塗り替え完成写真です。











ダメ廻り

外壁吹きつけ塗装後にタレた部分などをキレイに掃除してまわります。










ダメ廻り
先ほどのタレた部分を削った跡やダメ廻りを塗装していきます。











鉄部・雨樋・雨戸塗装

外壁塗装後には、雨樋・鉄部・雨戸などを塗装します。

塗料は日本ペイントの1液ファインウレタンU100を仕様。







外壁サイディング塗装塗り替え完成

住友林業外壁サイディング塗装塗り替え完成写真です。











 
 
  • 1