[ALC外壁塗装]記事一覧

大阪市東淀川区でALC外壁塗装施工例

大阪市東淀川区で、ALC外壁塗装、屋上ウレタン塗膜防水、外壁タイル塗装の施工事例です。

ALC外壁には、日本ペイントのオーデフレッシュsi100Ⅲ、前面のタイルには、フッ素樹脂のクリヤーを塗装しました。また屋上防水、ベランダ3ヵ所はウレタン塗膜防水で仕上げました。

外壁塗装前の写真です。

外壁塗装

外壁塗装後の写真です。

外壁塗装

 

大阪府四條畷市でALC住宅塗り替え外壁塗装、屋上防水工事施工例

大阪府四條畷市で、ALC住宅の外壁塗装、屋上塩ビシート防水機械固定工法施工例です。

2013.6月に、ホームページからのお問い合わせで施工させていただきました。

施工内容:外壁 コーキング打ち替え 日本ペイント「シリコン樹脂塗料」塗装

       屋上 塩ビシート防水機械固定工法

ALC外壁塗装前の写真です。

ALC外壁塗装前の写真

ALC外壁塗装後の写真です。

ALC外壁塗装後の写真

屋上防水工事施工前の写真です。

屋上防水工事前の写真

屋上塩ビシート防水機械固定工法施工後の写真です。

屋上塩ビシート防水機械固定工法施工後の写真

 

大阪府豊中市でALC外壁塗装施工例

ALC外壁塗装


築20年のALC外壁3階建てです。

ALCとはオートクレーブ養生した軽量気泡コンクリートの事で、ALC外壁は軽量で断熱性に大変優れている反面、表面の防水塗膜の劣化により、吸水しやすくなるという欠点もあります。

また、優れた性能のALC外壁もメンテナンスを怠ると雨漏れなどのトラブルの原因になります。




ALCチョオーキング

ALC外壁のチョーキング現象

チョーキング現象とは、風、雨や太陽光の紫外線などで、塗装の塗膜が劣化していき、しだいに粉上になり手などで触ると、手にベッタリとチョークの粉のような物が付く状態。

このような状態になると、外壁塗り替えの一つの目安とお考え下さい。



ALC外壁コーキング
 
ALC外壁サッシ廻りのコーキング(シーリング)の劣化

ALC外壁は1枚1枚のパネルをあわせて施工しているので、ジョイント部分やサッシ廻りなどはこのように、コーキング仕舞になっています。

特にサッシ廻りのコーキングの劣化が原因の雨漏れが多いようです。



ALC外壁コーキング

ALC外壁の塗装する前に、まずサッシ廻りのコーキングの撤去、打ち替えをします。

この建物がそうであったように、ALC外壁はこのサッシ廻りのコーキングの経年変化による雨漏りが多いようです。






ALC外壁コーキング

サッシ廻りのコーキングを撤去した後の画像です。

コーキングの亀裂から入った雨水が建物内部に入るのが良く分かるとおもいます。







ALC外壁コーキング

マスキングテープで養生後、ALC外壁とこれから施工するコーキングの密着を良くするために、プライマーを塗布します。









ALC外壁コーキング

サッシ廻りのコーキングの打ち換えの完成画像です。

今回、この上から、さらに塗装をします。








ALC外壁コーキング

次に、ALC外壁のパネルの継ぎ目のコーキング処理です。

写真は継ぎ目部分の、以前塗装した塗膜が継ぎ目に沿って割れています。

この状態で上から塗装しても、この割れ目が埋まらないか、埋まってもすぐに同じようにすぐに割れてしまうので、継ぎ目には全てコーキングの打ち増しをします。


ALC外壁コーキング

ALC外壁のパネルの継ぎ目全てにコーキングをうちます。










ALC塗装
 
コーキング施工後、ALC外壁の塗装に入ります。

まず、下塗りに下地調整剤の日本ペイント「アンダーフィラー弾性エクセル」を塗装。

アンダーフィラー弾性エクセルはシーラーとフィラーを兼ね備えていて、またヘアークラックに追随します。




ALC外壁塗装

ALC外壁上塗り塗装です。

中塗りと上塗りの色を変えて塗り漏れの無いようにしています。

中塗り、上塗り塗装には日本ペイントオーデフレッシュsi100Ⅱを仕様。





ALC

そのほか、ベランダ天井塗装です。

以前の塗膜が捲れていたので、パテで下地を補修した後、塗装しました。








ALC

ベランダ天井塗装後











屋上防水

屋上防水も塗装しました。











ALC外壁塗装

ALC外壁塗装完成です。











 
  • 1