屋根・外壁塗装専門店

東大阪市で外壁塗装、屋根塗装、防水工事はペイント一番で。相見積りも大歓迎です。

アステックペイント

トップ >  施工実績 > アステックペイント > 京田辺市で屋根塗装にアステックペイントのスーパーシャネツサーモF使用

京田辺市で屋根塗装にアステックペイントのスーパーシャネツサーモF使用

京都府京田辺市の2階戸建て住宅カラーベストの屋根塗装に、アステックペイント」の2液遮熱フッ素樹脂塗料「スーパーシャネツサーモF」の塗り替え工事の施工例です。
築年数が約20年近くなる為、スレート製のカラーベストの経年劣化が激しく、屋根表面はコケやカビに一面覆われ、脆弱な旧塗膜が砂地状になっている状態です。
下の写真は今回屋根塗装する、カラーベストの現況写真になります。
屋根塗装工事の手順や工程を、写真を使って注意点などを説明します。

屋根塗装工事前
屋根塗装工事前

屋根の高圧洗浄

高圧洗浄は、屋根塗装工事の中で最も大事な工程になります。
単純に高圧洗浄機で、カラーベストについたコケやカビ、脆弱な旧塗膜を洗い流すだけなんですが、かなり根気の必要な作業で、コケやカビなどが残った上から塗装してしまうと早期の塗膜剥離などのトラブルに繋がる場合があります。
下の写真は高圧洗浄中の写真になります。

屋根 高圧洗浄
屋根 高圧洗浄

高圧洗浄については下の動画を是非ご参考にしてください。


下の写真は屋根の高圧洗浄後の写真になります。
洗浄前と違い、元の色が分からなくなる位い綺麗になりました。
この後、次の下塗りの工程に移ります。

屋根 高圧洗浄後
屋根 高圧洗浄後

水切り板金の錆止め塗装工事

次の工程は、棟包み板金やケラバ板金、谷樋板金窓の錆止め塗装工事になります。
板金部分は金属なので、上塗り塗料との密着性を高め、錆などの腐食を抑制する目的の工程です。
今回、錆止め塗料には日本ペイントの「1液ハイポンファインデグロ」を塗装しています。

屋根塗装 錆止め
屋根塗装 錆止め
屋根塗装 錆止め
屋根塗装 錆止め

割れたカラーベストの補修

下の写真は割れたカラーベストの補修の写真になります。
割れたカラーベストの破片が、今後台風などで飛ばされても問題が無いように、下に板金を差し込んで、たとえ破片が飛ばされても問題が無いように補修しています。

カラーベスト 割れ補修
カラーベスト 割れ補修
カラーベスト 割れ補修

屋根シーラー塗装工事1回目

次の工程は、カラーベスト基材と上塗り塗料の密着性を高める為のシーラー塗装工事になります。
シーラー塗装にはもう一つ目的上がり、基材に浸透させ、中で強固に固める事で、基材事態を強化する目的があります。
今回使用するシーラーは、アステックペイントの2液エポキシ樹脂塗料「サーモテックシーラー」です。サーモテックシーラーは赤外線を反射する遮熱機能があり、遮熱塗料のスーパーシャネツサーモFと組み合わせる事で、遮熱効果アップを期待できます。

屋根塗装 シーラー1回目
屋根塗装 シーラー1回目

下の写真はカラーベスト屋根のシーラー塗装後の写真になります。
カラーベストはスレート基材なので吸水性が高く、今回施工するような屋根の状態の場合、上塗り塗料の密着を高める為のシーラーが、素地に吸い込まれるため、表面にあまり残らない場合があります。下の写真でもわかるように、カラーベストにシーラーが吸い込まれて基材の色が透けて見えるような所は、シーラーが浸み込んでいる所です。このような場合、吸い込みが止まるまで、シーラーをもう一度塗装する必要があります。

屋根塗装 シーラー1回目
屋根塗装 シーラー1回目
屋根塗装 シーラー1回目
屋根塗装 シーラー1回目

カラーベストのクラック補修

下の写真は、1回目と2回目のシーラー塗装の間に、カラーベストのクラックをシーリングで補修している写真になります。

カラーベスト クラック補修
カラーベスト クラック補修

屋根シーラー塗装工事2回目

2回目の屋根塗装工事です。
通常塗装工事は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りがキッチリとした塗装工事だと思われていると思いますが、素地の状態や種類などにより、4回塗りや5回塗りが適当な場合があります。
1回目のシーラー塗装後、今回の様な状態でも次の工程の中塗り・上塗りに移る塗装店も多いと聞きますが、その場合、早期の塗膜剥離や塗料本来の艶が出ず、斑になる場合があります。
カラーベストの屋根塗装のシーラーは吸い込みが止まるまで塗装するのが基本になります。

屋根塗装 シーラー2回目
屋根塗装 シーラー2回目
屋根塗装 シーラー2回目
屋根塗装 シーラー2回目

下の写真は、2回目のシーラー塗装後の屋根の写真になります。
シーラーの吸い込みが止まり、次の工程に移る事が出来る状態になりました。

屋根塗装 シーラー塗装2回目
屋根塗装 シーラー塗装2回目
屋根塗装 シーラー塗装2回目
屋根塗装 シーラー塗装2回目

カラーベストの屋根塗装工事下塗りについては、下の動画を是非ご参考にしてください。

タスペーサーで屋根の縁切り

次の工程は、カラーベストの縁切りになります。
塗装前のカラーベストは、屋根の軒先から棟に向かって1枚ずつ重ねて葺いているので、微細な隙間があるので内部の湿気や瓦裏に廻った雨水が、外部に排出出来る造りになっています。
屋根の塗装をする事で、全体を薄い膜で覆うので、今まで雨水や湿気を排出していた隙間が塗料が詰まってうまく排出出来ずに、内部に溜まった雨水が瓦を止めている釘を伝って雨漏りを起こす場合があります。
縁切りとは、塗料で出来た膜を強制的に切る事で、カラーベストの重なり部に雨水の排出先の隙間をつくる作業の事です。
今回カラーベストの縁切りには、セイム社のタスペーサー01をW工法で施工しています。

縁切り タスペーサー01
縁切り タスペーサー01
縁切り タスペーサー01
縁切り タスペーサー01

カラーベスト屋根の縁切りについては、下の動画を是非ご参考にしてください。

屋根塗装の中塗りにスーパーシャネツサーモF使用

次の工程は屋根の中塗り塗装になります。
今回、屋根塗装工事に使用する塗料は、アステックペイントの「スーパーシャネツサーモF」になります。
スーパーシャネツサーモFの特徴

  • 高耐候性:促進耐候性試験で5000時間経過後(16~20年相当)も光沢保持率80%以上を保持。紫外線などの劣化因子に強い耐候性を発揮する「4Fフッ素樹脂」を使用。これにより従来のフッ素樹脂塗料を凌ぐ耐候性を実現。
  • 遮熱性:通常屋根色として人気のある「黒」や「紺」「緑」などの明度の低い色は近赤外線を多く吸収し、温度上昇しやすいのが特徴です。チタン複合特殊無機顔料は通常の低明度の色に使用されるカーボンブラックなどの顔料よりも近赤外線を効果的に反射し温度上昇を抑えます。
  • 変退色防止性:一般的な遮熱顔料は有機顔料を混色して、色を作ります。屋根色の変化の多くは、この有機顔料が紫外線による影響を受けにくく、屋根色の変化が起こしにくいのが特徴です。
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF

下の写真は、屋根中塗り塗装後の写真になります。
これで仕上がりだといってもいいくらい綺麗に塗装されています。

屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF

屋根塗装の上塗りにスーパーシャネツサーモF使用

次の工程は、もう一度カラーベストの屋根塗装にスーパーシャネツサーモFを上塗りで使用しています。
上塗りも、中塗り同様に塗漏れが無いように丁寧にキッチリと塗装しています。

屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF
屋根塗装 スーパーシャネツサーモF

屋根塗装工事完成

下の写真は、カラーベストの屋根塗装にアステックペイントの「スーパーシャネツサーモF」使用の施工例です。

屋根塗装工事完成
屋根塗装工事完成
屋根塗装工事完成
屋根塗装工事完成
屋根塗装工事完成
屋根塗装工事完成
屋根塗装工事完成
屋根塗装工事完成

屋根・外壁など失敗しない塗装について

お問合せフォーム

    お問い合わせ内容(複数選択可)
    ご相談・ご質問お見積もりその他

    必須名前

    必須名前[ふりがな]

    必須お電話番号

    必須ご住所

    必須メールアドレス

    建物の種類(複数選択可)
    一戸建てマンションアパートビル店舗その他

    ご興味が有る塗装(複数選択可)
    外壁塗装屋根塗装ベランダ塗装 / 防水加工木部塗装鉄部塗装ガイナアステックペイントその他

    建物の築年数

    お問い合わせ本文

    Tel.06-7897-5171 WEBお問い合わせ
    Tel.06-7897-5171
    WEBお問い合わせ