屋根・外壁塗装専門店

東大阪市で外壁塗装、屋根塗装、防水工事はペイント一番で。相見積りも大歓迎です。

ベランダ防水

トップ >  施工実績 > ベランダ防水 > 八尾市で雨漏りしたベランダ防水-ペイント一番

八尾市で雨漏りしたベランダ防水-ペイント一番

八尾市で雨漏りしたベランダの防水工事です。
屋上に限らずベランダの雨漏りの原因の多くは排水口のドレンです。
この場合確実に雨漏りを止めるには、ドレンの改修が必須になります。
ベランダの防水工事と外壁塗装は同時にする場合が多いですが、雨漏りしているベランダでも簡単にウレタンを塗装するような塗装店も多いようですが、それでは雨漏りは確実に止まりません。

  1. 屋上防水工事雨漏れ補修-ウレタン防水通気緩衝工法

これからウレタン塗膜防水通気緩衝工法の手順を開設します。

ベランダの現況

現況のベランダはモルタル仕上げのベランダの上に、水性の簡易防水が10年位前に施工されている状態です。
10年前の施工では当然ドレンの改修も施工しておらず、今回そのドレンからの雨漏り発生し、外壁塗装とベランダの防水工事を請け負いました。
下の写真はベランダの現況写真と雨漏りしているドレンです。

ベランダ防水前
雨漏 ドレン

ベランダの高圧洗浄

先ず、ベランダ表面のコケやカビ、汚れなどを高圧洗浄で綺麗に洗い流しました。
高圧洗浄

プライマー塗布

先ず既存塗膜との密着を高める為に層間プライマーを塗布しています。
写真のようにキッチリと濡れ感が出て、吸い込みも止まっています。

ベランダ プライマー塗布
ベランダ プライマー塗布

通気緩衝シート 脱気筒 改修ドレン

次にベランダ土間に通気緩衝シートを貼り込みます。
今回施工するウレタン塗膜防水通気緩衝工法の一番の特徴は、この通気緩衝シートの施工です。
ベランダの内部の湿気が外部に抜け出るときに、通常のウレタン防水だと塗膜を外部に押し出す事で浮きや割れなどのトラブルの原因になりますが、通気シートを敷きこむ事で、内部の湿気がシート間を通って脱気筒から外部に排出するようになっています。
又、通気シートを敷きこむ事で、ベランダのクラックがほぼ防水層の表面に出る事もありません。
鉛のドレンを改修した時に、段差を造らずに施工出来ます。

通気緩衝シート
通気緩衝シート
脱気筒
改修用ドレン

ベランダ立ち上がりウレタン塗布

立ち上がりにメッシュシートを貼りながらウレタンを塗布します。
メッシュシートを貼る事で、立ち上がりや入り隅を補強出来、ウレタンも多く塗布する事が出来ます。
立ち上がりのウレタン塗布は2回施工します。

立ち上がり ウレタン塗布
立ち上がり ウレタン塗布
立ち上がり ウレタン塗布

ベランダ土間にウレタン塗布

次にベランダ土間にウレタンを塗布します。
ベランダはウレタンを流し込み、ローラーや小手を使って均し、出来るだけ厚みを付けます。
土間のウレタン塗布を2回繰り返します。

平場ウレタン塗布
平場ウレタン塗布
平場ウレタン塗布
平場ウレタン塗布

ベランダトップ塗装

最後にウレタンの防水層を保護するトップ塗装です。
立ち上がりと土間共に同じトップを塗装します。
トップの塗料には滑り止めにチップを混ぜて塗装しています。

ベランダ プライマー塗布
ベランダ プライマー塗布
ベランダ プライマー塗布
ベランダ プライマー塗布

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法

ベランダのウレタン塗膜防水通気緩衝工法完工

八尾市 ベランダ防水完成
八尾市 ベランダ防水完成
八尾市 ベランダ防水完成
八尾市 ベランダ防水完成

屋根・外壁など失敗しない塗装について

お問合せフォーム

    お問い合わせ内容(複数選択可)
    ご相談・ご質問お見積もりその他

    必須名前

    必須名前[ふりがな]

    必須お電話番号

    必須ご住所

    必須メールアドレス

    建物の種類(複数選択可)
    一戸建てマンションアパートビル店舗その他

    ご興味が有る塗装(複数選択可)
    外壁塗装屋根塗装ベランダ塗装 / 防水加工木部塗装鉄部塗装ガイナアステックペイントその他

    建物の築年数

    お問い合わせ本文

    Tel.06-7897-5171 WEBお問い合わせ
    Tel.06-7897-5171
    WEBお問い合わせ