屋根・外壁塗装専門店

東大阪市のガイナ屋根・外壁塗装専門店-ペイント一番です。

屋上防水工事雨漏れ補修-塩ビシート防水機械的固定工法

トップ >  外壁塗装入門 > 屋上防水工事雨漏れ補修-塩ビシート防水機械的固定工法

塩ビシート防水機械的固定工法

築20年以上を経過した屋上に、塩ビシート防水機械的固定工法の施工例です。

既に雨漏れが数カ所からしていて、調査した結果、ほぼ排水ドレンからの雨漏れであることがわかり今回の施工にいたりました。既存の防水は、ゴムシートを密着工法(密着工法とは、下地に接着剤を塗布し、シートを直接貼りつける工法です。)で施工しているためシートの浮きが目立ちます。また、所々繋ぎ目の亀裂やシートの破れなどがあり、特に排水ドレン廻りの痛みは激しく雨漏れを起こしても、おかしくない状態です。

屋上やベランダからの雨漏れの原因で最も多いのが、この「排水ドレンからの雨漏れ」です。

今回、排水ドレンの改修はもとより、屋上の手すりの解体・復旧、屋上笠木も解体し、笠木部分までキッチリと塩ビシートで防水し、笠木をガルバニウム鋼板で新設しています。

今回施工する、塩ビシート防水機械的固定工法は、既存下地の状態に影響を受けにくく、今回のような劣化したゴムシートを撤去する必要が無い為、雨漏れの心配も少なく工期も短縮できる上、絶縁工法の為、施工後の膨れの心配も無く、耐久性も抜群です。

こちらの写真は施工前の現況写真です。

所々繋ぎ目の亀裂やシートの破れなどがあります。

築20年以上を経過した屋上の現状
ゴムシートの破れ

こちらの写真は排水ドレンの現況写真です。

ゴムシートが完全に捲れあがっており、これでは雨漏れを起こしても当然です。

築20年以上を経過した屋上排水ドレンの現状
築20年以上を経過した屋上排水ドレンの現状

屋上防水工事に入る前に、まず手摺などの解体です。

なぜ解体するかというと、手すりの重りブロックの下や、手すり重りブロックと屋上笠木の隙間などにも、キッチリと塩ビシートを張り込むために必要な工程です。

こちらの写真は屋上手すりを解体している写真です。

屋上手すりを解体している写真
屋上手すりを解体している写真

こちらの写真は温水器を解体・撤去している写真です。

温水器の下にも、キッチリと塩ビシートを張り込むための解体です。この温水器は古く、既に使われていないので処分しています。

温水器を解体・撤去している写真

発砲ポリエチレン製絶縁緩衝マットの張り込み。

改修工事の場合、屋上手すりなどを解体し、防水面をきれいに清掃後、絶縁緩衝マットを張り込むことで微細な凹凸などが、新しく張り込んだ塩ビシートを傷つけない様に、この絶縁緩衝シートが守ってくれます。

こちらの写真は、ボンドで発砲ポリエチレン製絶縁緩衝マットの張り込みをしている写真です。

ボンドで発砲ポリエチレン製絶縁緩衝マットの張り込みをしている写真

こちらの写真は、全体に絶縁緩衝シートを張り込んだ後の写真です。

全体に絶縁緩衝シートを張り込んだ後の写真

こちらの写真は、入り隅鋼板と塩ビ鋼板ディスクです。

全体に絶縁マットを張り込んだ後、所定の位置に下穴を開け、ステンレス製のアンカーを打ち込み、この塩ビ加工されている入り隅鋼板と塩ビ鋼板ディスクを取り付けていきます。この入り隅鋼板や塩ビディスク鋼板に融着材やディスクヒーター、熱風機などを使って、塩ビシートを融着させます。

入り隅鋼板と塩ビ鋼板ディスク

平場に塩ビシートを張り込み。

塩ビシートの接合部分や入り隅鋼板、デスク鋼板を溶着剤やディスクヒーター、熱風機などを使って塩ビシートの裏地を溶かし接合します。接合することで、一体化し高い水密性を確保します。

こちらの写真は、平場に塩ビシートを張り込んでいる写真です。

平場に塩ビシートを張り込んでいる写真

こちらの写真は、入り隅鋼板に塩ビシートを熱風機を使って接合している写真です。

入り隅鋼板に塩ビシートを熱風機を使って接合している写真

こちらの写真は、ディスクヒーターを使って、ディスク鋼板と塩ビシートを接合させている写真です。

ディスクヒーターを使って、ディスク鋼板と塩ビシートを接合させている写真

こちらの写真は、平場塩ビシートの重なりを融着材を使って接合している写真です。

平場塩ビシートの重なりを熱風機や融着材を使って接合している写真

こちらの写真は、塩ビシート接合部分の端末溶着をキッチリと確認後、専用のシール材(Uシール)を塗っています。

塩ビシート接合部分の端末溶着をキッチリと確認後、専用のシール材(Uシール)を塗っている

塩ビシート専用の塩ビ製改修用のドレン取り付け。

屋上やベランダの雨漏れで圧倒的に多い原因が排水口からの雨漏れです。排水口は壁の中に塩ビ管を通して作られている場合が多いのですが、長年の地震や風雨による揺れなどで、塩ビ管の口廻り・外壁のモルタル接合部に隙間が出来る事で雨漏れにつながる場合が非常に多いです。

こちらの写真は改修用のドレンです。

今回、縦型のVTドレンを施工します。VTドレンは塩ビシート専用の塩ビ製改修用のドレンです。

塩ビシート専用の改修用ドレンの管を現状の排水口管に入れ込み、平場塩ビシートと接合させます。これで今後排水ドレンからの雨漏れの心配は無くなります。

改修用のドレン

こちらの写真は、平場塩ビシートと塩ビ改修用ドレンを熱風機で接合している写真です。

この熱風機は最大800℃の高温の熱風を出して塩ビシートを融着させます。

平場塩ビシートと塩ビ改修用ドレンを熱風機で接合している写真
横型の改修用ドレンの場合は、こちらの写真のような仕上がりになります。
横型の改修用ドレン

笠木天端に塩ビ鋼板を施工します。

平場塩ビシートの張り込みが終わると、屋上笠木板金を解体しつつ、笠木天端に塩ビ鋼板を施工します。この塩ビ鋼板に塩ビシートを接合させます。

こちらの写真は、屋上笠木板金を解体している写真です。

、屋上笠木板金を解体している写真

こちらの写真は、笠木天端に塩ビ鋼板を施工している写真です。

笠木天端に塩ビ鋼板を施工している写真

先ほど施工した「笠木の塩ビ鋼板」と「最初に施工した入り隅塩ビ鋼板」に、塩ビシートを融着材や熱風機を使って接合します。

塩ビシート施工後に、ガルバニウム鋼板の笠木を新設します。

塩ビシートを接合している写真です。

塩ビシートを融着材や熱風機を使って接合している写真

笠木、立面の塩ビシート施工後の写真です。

笠木、立面の塩ビシート施工後の写真

以上が屋上塩ビシート防水機械的固定工法です。

この工法のメリットは、絶縁工法(密着している所がほぼディスク鋼板)になっているので、従来の密着工法では、施工後によく発生していた膨れなどのトラブルの心配もほぼなくなりました。続いて、解体した笠木板金の新設です。

こちらの写真は、屋上笠木板金を新設している写真です。

屋上笠木板金を新設している写真

最後に、屋上柵を復旧して完成です。

こちらの写真は屋上手すりを、復旧している写真です。

屋上柵を復旧している写真

屋上塩ビシート防水機械的固定工法完成

previous arrow
next arrow
Slider

屋上塩ビシート防水機械的固定工法完成

実際に当現場で施工した動画です。こちらもご参考にしてください。


Tel.0120-475-171 WEBお問い合わせ
Tel.0120-475-171
WEBお問い合わせ