屋根・外壁塗装専門店

東大阪市のガイナ屋根・外壁塗装専門店-ペイント一番です。

アステックペイント

トップ >  施工実績 > アステックペイント > 東大阪市で屋根塗装にスーパーシャネツサーモFを使用-東大阪市の塗装専門店

東大阪市で屋根塗装にスーパーシャネツサーモFを使用-東大阪市の塗装専門店

東大阪市で屋根塗装工事に、アステックペイントの遮熱フッ素樹脂塗料「スーパーシャネツサーモF」の塗装工事の施工工程です。
スーパーシャネツサーモFの特徴
高耐候性:促進耐候性試験(スーパーUV)の結果、チタン複合特殊無機顔料(黒色)を使用したスーパーシャネツサーモシリーズは、従来の黒色遮熱顔料を使用した場合よりも光沢保持率が高く、耐候性に優れていることが確認されました。
遮熱性:通常屋根色として人気のある「黒」や「紺」「緑」などの明度の低い色は近赤外線を多く吸収し、温度上昇しやすいのが特徴です。。チタン複合特殊無機顔料は通常の低明度の色に使用されるカーボンブラックなどの顔料よりも近赤外線を効果的に反射し温度上昇を抑えます。
変退色防止性:一般的な遮熱顔料は有機顔料を混色して色を作ります。屋根色の変化の多くは、この有機顔料が紫外線により破壊されることにより起こります。チタン複合特殊顔料は、紫外線による影響を受けにくく、屋根色の変化が起こりにくいのが特徴です。

屋根塗装工事前

下の写真はカラーベスト屋根の塗装工事前の写真です。約10年前に和瓦から現況のカラーベストに葺き替えした後は、特にメンテナンス等点検などはしていなく、一部瓦のひび割れや板金部分の錆が見受けられました。

屋根塗装工事前
屋根塗装工事前

屋根の手洗い洗浄

カラーベスト屋根の塗装工事の工程で、最も重要な工程の一つがこの屋根の洗浄になります。通常の洗浄では、高圧洗浄機を使用するのですが、今回の施工現場が商店街で、廻りが全て飲食店という事もあり、手洗いで洗浄する事になりました。三共理化学株式会社のマジックロンでひたすら水をかけながら研磨しました。高圧洗浄機を使用すると、半日かからない程度の作業でしたが、屋根の汚れやカビなどが間違いなく廻りに飛び散りので、丸一日かけて旧塗膜や汚れ、カビ、コケなどを手洗いで洗い流しています。

屋根手洗い
屋根手洗い

屋根の手洗い洗浄後

下の写真は屋根の洗浄後の写真になります。綺麗に汚れなどが洗い流されています。

屋根手洗い後
屋根手洗い後

1度目の屋根シーラー塗装

今回下塗り塗料のシーラーには、アステックペイントの「サーモテックシーラー」を塗装しています。サーモテックシーラーは2液型のエポキシ樹脂なので、密着性や耐久性に優れた下塗り塗料です。又、サーモテックシーラー自体に赤外線を反射する遮熱性能がある為、上塗り塗料の遮熱性能と合わさるとより遮熱性が高まります。

屋根シーラー塗装1回目
屋根シーラー塗装1回目
屋根シーラー塗装1回目

1度目の屋根シーラー塗装後

下の写真は1度目の屋根シーラー塗装後の写真になります。シーラーが所々素地に吸い込まれているのがわかると思います。このような場合は吸い込みが止まるまで、もう一度シーラーを塗装します。

屋根シーラー塗装後1回目
屋根シーラー塗装後1回目
屋根シーラー塗装後1回目

屋根板金の錆止め塗装

下の写真は屋根の棟包み板金やケラバ板金などの錆止め塗装です。錆止め塗料は金属部の錆止め効果や上塗り塗料の密着性を高めるための塗装です。今回錆止め塗料には日本ペイントの「1液ハイポンファインデグロ」の黒さび色を塗装しています。

錆止め塗装
錆止め塗装
錆止め塗装

2度目の屋根シーラー塗装

下の写真は2度目のシーラー塗装です。古くなって経年劣化のひどいカラーベスト屋根は、基材がスレートなので吸水性が高く、シーラーが素地に吸い込まれてしまいます。1枚目の写真で1度目と2度目のシーラー塗装部分の色の違いがはっきりと分ると思います。1度目の塗布部分は吸い込まれている為、シーラーの色が薄くなり素地の色が透けて見えています。2度目のシーラー塗装部は吸い込みが止まり、きっちりとシーラーの色に染まっています。シーラー塗装は上塗り塗料とカラーベスト基材とを密着させる大変重要な工程の一つです。シーラーが吸い込まれて表面に残っていない上に上塗り塗装をした場合、早期の塗膜剥離などのトラブルの原因になる場合があります。

屋根シーラー塗装2回目
屋根シーラー塗装2回目
屋根シーラー塗装2回目

2度目の屋根シーラー塗装後

下の写真は2度目の下塗り塗料「サーモテックシーラー」塗装後の写真になります。屋根全体吸い込みが止まり、ようやく上塗り塗料の「スーパーシャネツサーモF」を塗装出来る状態になりました。

屋根シーラー塗装後2回目
屋根シーラー塗装後2回目
屋根シーラー塗装後2回目

屋根の縁切り

下の写真はカラーベスト屋根の縁切りを、セイム社のタスペーサー01でW工法で施工している写真になります。カラーベスト屋根の塗装の場合、写真にある様に、適切に縁切りを施工しないと雨漏りを起こす場合があります。カラーベストの突合せ部分から入った雨水が、重なり部分に詰まった塗料でカラーベスト内側にまわった雨水の排出先をせき止める事で、瓦を止めている釘を伝って雨漏りを起こす場合があります。縁切り部材のタスペーサーをカラーベスト1枚につき2か所差し込むことで、重なり部分の瓦が浮き、内部に廻った雨水の排出先が確保できます。写真はわかりやすいように完全にタスペーサーを奥まで差し込んでいません。最終的に奥まで差し込んでいます。

屋根縁切り
屋根縁切り

屋根の縁切りについては下の動画やリンク先をぜひご参考にしてください。
カラーベスト屋根の縁切り施工動画


塗装後の雨漏れ防止にタスペーサーでカラーベスト屋根の縁切り

スーパーシャネツサーモF塗装

下の写真はアステックペイントの遮熱フッ素塗料の「スーパーシャネツサーモF」を塗装中の写真になります。スーパーシャネツサーモFは中塗り・上塗りと2回きっちりと塗装しています。

スーパーシャネツサーモF塗装
スーパーシャネツサーモF塗装
スーパーシャネツサーモF塗装
スーパーシャネツサーモF塗装
スーパーシャネツサーモF塗装

スーパーシャネツサーモF完工

下の写真はスーパーシャネツサーモF塗装工事の完工写真になります。

スーパーシャネツサーモF塗装完成
スーパーシャネツサーモF塗装完成
スーパーシャネツサーモF塗装完成
スーパーシャネツサーモF塗装完成
Tel.06-7897-5171 WEBお問い合わせ
Tel.06-7897-5171
WEBお問い合わせ