屋根・外壁塗装専門店

東大阪市のガイナ屋根・外壁塗装専門店-ペイント一番です。

アステックペイント

トップ >  施工実績 > アステックペイント > 河内長野市でサイディング外壁、カラーベスト屋根塗装工事-外壁塗装専門店ペイント一番

河内長野市でサイディング外壁、カラーベスト屋根塗装工事-外壁塗装専門店ペイント一番

2016年5月にホームページからお問合せ頂き、8月に施工させて頂きました。大阪府河内長野市でサイディング外壁にSK化研の「エスケープレミアムシリコン」ラジカル制御形シリコン樹脂塗料、カラーベスト屋根にアステックペイントの「超低汚染リファイン500Si-IR」2液遮熱シリコン樹脂塗料の塗り替え塗装工事の施工例です。カラーベスト屋根にはアステックペイントのサーモテックシーラーを2度塗りで吸い込みを完全に止め、セイム社のタスペーサーで雨漏れ防止の縁切り後、上塗りに超低汚染リファインで仕上げています。サイディング外壁にはSK化研の下塗り塗料水性SDサーフエポプレミアムを塗装後に、上塗りにエスケープレミアムシリコンを塗装しています。付帯部の板金部分や破風板、軒先鼻隠し、雨戸、雨樋などは日本ペイント「1液ファインシリコンセラUV」で仕上げています。下の写真は施工前の写真です。築年数が約15年になり、サイディング外壁のコーキングの破断やチョーキングなどの劣化が出始めていました。

サイディング外壁施工前

下の写真はコーキング施工後の写真です。サイディング外壁のボードの継ぎ目の目地やサッシ廻り、入隅などに施工されているコーキング施工部分は、外壁の水密性や防水性の為の施工なので、破断や欠落、剥離などの経年劣化を放置すると雨漏れなどの原因になります。当然外壁の塗装などのメンテナンス時はコーキング施工されている箇所は全て施工するのが基本です。コーキング工事の施工部位についてはこちらのリンク先をぜひご参考にして下さい。→コーキング(シーリング)のメーター数

サイディングコーキング

下の写真はサイディング外壁の下塗り塗装工事中の写真です。下塗り塗材には窯業のサイディングボードの下塗りに最適な、SK化研の「水性SDサーフエポプレミアム」を塗装しています。水性SDサーフエポプレミアムはシーラー機能と中塗り機能を兼ね備えた微弾性サーフェーサーであり、表層塗膜の劣化したサイディングボードに対し、強固に付着し、サイディングボードを保護すると共に、上塗り塗装後の美しい仕上げを提供します。下地が白に染まる位にタップリと下塗り材を塗装しています。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
下の写真はサイディング外壁の中塗り・上塗り塗装工事中の写真です。今回中塗り・上塗り塗装にはSK化研の「エスケープレミアムシリコン」ラジカル制御形の1液水性シリコン樹脂塗料を塗装しています。エスケープレミアムシリコンはトリプルガード効果により、紫外線や水等の劣化要因から建物を保護します。期待耐用年数が15年になります。
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
下の写真はカラーベスト屋根の1回目の下塗り塗装です。下塗り塗材にはアステックペイントの「サーモテックシーラー」を塗装しています。サーモテックシーラーはシーラー自体に赤外線を反射する遮熱機能を備えた下塗り材で、今回中塗り・上塗りに使用する超低汚染リファインの遮熱効果をアップさせる効果があります。
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
下の写真はカラーベスト屋根の2回目の下塗り塗装です。なぜ下塗り塗装を2回するのかというと、カラーベストの基材はスレートで吸水性が高く、経年劣化で表面の防水性能が低下すると、下塗り材がカラーベスト素地に浸み込んで表面に残らない場合があります。このような場合は、吸い込みが止まるまで2回以上の下塗り塗装が必要になります。2回目の下塗りをしなかった場合、表面に下塗り材が出ていない様な箇所は、早期の塗膜剥離などのトラブルになる場合があります。4枚目の写真で棟包み板金が白くなっているのは、錆止め塗装の色です。カラーベストの下塗りは、素地に吸い込ませ中で固めてカラーベストを強固にする役割もあります。カラーベスト屋根の塗装について詳しくはこちらのリンク先をぜひご参考にして下さい。→カラーベスト屋根の塗装手順と注意点について
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
下の写真は塗装後の雨漏れ防止や屋根の通気性の確保の為にセイム社のタスペーサーで縁切りしている写真です。カラーベスト屋根は適切な手順で施工しないと雨漏れを引き起こす場合があります。カラーベスト屋根の塗装では縁切りが必須の工程で、タスペーサーを使って縁切りする場合はW工法で施工する事が望ましいです。カラーベスト屋根の縁切りについてはこちらのリンク先をぜひご参考にして下さい。→塗装後の雨漏れ防止にタスペーサーでカラーベスト屋根の縁切り
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
下の写真はカラーベスト屋根の中塗り・上塗り中の写真です。今回カラーベスト屋根の中塗り・上塗りにはアステックペイントの
「超低汚染リファイン500Si-IR」ラジカル制御形の2液遮熱シリコン樹脂塗料を塗装しています。超低汚染リファインは一般的なシリコン塗料より無機成分を豊富に配合。樹脂同士が強固に結びつき、緻密で強靭な塗膜を形成するため、紫外線に対して優れた耐候性を発揮します。
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
下の写真はカラーベスト屋根にアステックペイント「超低汚染リファイン500Si-IR」塗装工事の完工写真です。アステックペイントの塗料を使った施工例はこちらのリンク先をご参考にして下さい→アステックペイント施工例
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
下の写真はサイディング外壁にSK化研の「エスケープレミアムシリコン」塗り替え塗装工事の完工写真です。
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
河内長野市の塗装施工例はこちらのリンク先をぜひご参考にして下さい→河内長野市塗装施工例
Tel.0120-475-171 WEBお問い合わせ
Tel.0120-475-171
WEBお問い合わせ